最短1時間で即日融資する方法 最短1時間で即日融資する方法

1分でも早くお金を借りたい!

即日融資のメリットは何といっても融資までの時間が短いことです。

しかし、即日融資を受けるためには、平日の14時までに契約の申し込みを完了させておく必要があります。
早い時間に申し込みを完了させておくと、よりスピーディーにお金を借りることができます。

そんな中で、Web申し込みを使えば最短1時間で即日融資を受けられる金融会社がプロミスです↓

プロミス
ここに注目 即日融資可能!
プロミスの特徴まとめ
プロミスの特徴まとめ
  • 初回利用の場合30日間利息0円!
  • ポイントサービスがお得!
  • 申し込みはインターネットで完結!
審査時間
最短30分
融資までの時間
最短1時間
実質年率
4.5%〜17.8%
利用限度額
500万円
↑初めてのご利用なら30日間利息不要↑
即日融資とは?

即日融資って何?

即日融資とは、その日のうちにお金を借りることです。
「飲み会の予定が入ったから、急いでお金を用意したい」といった急を要する場合に適したサービスだといえます。

多くの消費者金融が平日の14時までに申し込みを完了させている人を対象に融資を行っています。

即日融資を受けるためには、審査をスムーズに通過することが重要となりますので、事前にしっかりと必要書類などを確認し、
ミスがないようにしましょう。

即日融資を利用した口コミ体験談

即日融資を利用した口コミ体験談

急にまとまったお金が必要になったとき、消費者金融から即日融資をしてもらったことがあります。最初は親から借りようかとも思ったのですが、年金暮らしの親に迷惑をかけたくはありませんでした。

しかし、すぐにお金が必要なのに近所の消費者金融は審査に時間がかかりそうで困りました。そこでネットで調べてみると、即日融資が可能な消費者金融を見つけることができ、すぐに申し込みました。

審査も無事パスして指定の口座に振り込んでもらうことができました。返済はボーナスが入ったときにまとめて残金を支払い完済しました。

即日融資を利用した口コミ体験談

すぐにでもお金が必要なとき、ローン審査に時間をかけている暇がありません。そのようなときは即日融資を謳っている金融機関を利用するに限ります。消費者金融であればほとんど場合即日融資が可能です。

私の場合、ネットを最大限利用しながら金利が低く、即日融資が可能な消費者金融を探しました。探しているうちにいくつかの候補があがったのですが、その中で短期返済をすれば利子がゼロという無利息期間が設定されているところを見つけました。

早速申し込むと無事審査に通り20万円を借りることができました。ちょうどボーナス前ということもあって、ボーナスが出たときに一括して返済することができました。

即日融資を利用した口コミ体験談

急に出費ができ、即日融資ができるところでカードローンを組みました。支払いができないと困ってしまうので、すぐにお金を借りることができ安心しました。手続きは思っていたよりも簡単にでき、困ることはありませんでした。

また、お金に困った時は焦らずに借りようと思います。誰にも知られずに即日融資ができたのは良かったなと感じています。返済方法も、ATMからできるので周囲の目を気にすることなくできました。郵便物なども自宅に配達されることがないのが安心できます。

返済実績を残していき、限度額を上げていきたいと思っています。毎日、充実した生活ができお金のことで不安になることがなくなりました。とても心強い存在になっています。

即日融資対応のローンはこちら

即日融資対応のローン

プロミス
ここに注目 即日融資可能!
プロミスの特徴まとめ
プロミスの特徴まとめ
  • 初回利用の場合30日間利息0円!
  • ポイントサービスがお得!
  • 申し込みはインターネットで完結!
審査時間
最短30分
融資までの時間
最短1時間
実質年率
4.5%〜17.8%
利用限度額
500万円
↑初めてのご利用なら30日間利息不要↑
アイフル
ここに注目 初めてのご契約なら30日間利息無し!
アイフルの特徴まとめ
アイフルの特徴まとめ
  • 1秒診断ができるのはアイフルだけ!
  • 東証一部上場の会社だから安心
  • 会話ロボットの「ルフィア」に相談!
審査時間
最短30分
融資までの時間
最短1時間
実質年率
4.5%〜18%
利用限度額
500万円
↑1秒診断が利用できるのはアイフルだけ↑
SMBCモビット
ここに注目 Webで完結の申し込み対応!
モビットの特徴まとめ
SMBCモビットの特徴まとめ
  • 10秒簡易審査!
  • 金利の最低利率が3.0%!
  • 限度額最大800万円!
審査時間
10秒簡易審査
融資までの時間
最短即日※
実質年率
3.0%〜18.0%
利用限度額
800万円

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

↑10秒簡易審査↑

即日融資する時に知っておきたい3つのこと

・即日融資を受けるために知っておきたいこと
 ①インターネット、もしくは自動契約機で申し込み
・・・最もスピーディーに申し込めるのは、インターネット申し込みか自動契約機での申込みです。嘘の申し込み情報はすぐにバレるので、正確に記入しましょう。
 ②審査
・・・この時間にすべきことは特にありません。審査が通るよう、神にでも祈っておきましょう。
 ③契約
・・・審査が通過したら、契約に入ります。オペーレーターから電話が来るので、内容の詳細な説明を受けて、契約書とともに本人確認書類を提出します。必要であれば、収入証明書も提出します。
 ④カード発行、もしくは振込融資
・・・店頭、もしくは自動契約機でカードを発行します。郵送の場合は後日送付になります。または、口座に振り込みというかたちで融資をしてもらうこともできます。

Q.結局、どの申込み方法がいいの?
A.インターネットか自動契約機での申込みが圧倒的におすすめです。郵送はローンカードが届くまで時間がかかるため即日融資には向きませんし、店頭での申込も、店舗の混雑状況によって時間がかかってしまう場合や、そもそも平日に店舗に行くことができない人達もいるため、あまりおすすめはできません。

Q.即日融資に必要なものは?
A.本人確認書類は絶対に必要です。運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード、それから外国人の方は特別永住者証明書や在留カードのいずれかが必要になります。本人確認書類と現住所が異なる場合は、公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書ないずれかが必要になります。

Q.収入証明書が必要なのはいくらから?
A.それぞれの借入限度額に比例した金額が設定されています。たとえば、借入最大額が700万~800万円と大きい金融機関では、「300万円以下なら収入証明書不要」、借入最大額が500万~600万円程度であれば、「50万円以下なら収入証明書不要」といったようにです。


即日融資の審査について気になる4つのこと

・申し込みは正確な情報を
審査の申し込みの時は、必ず正確な情報を記入するようにしましょう。
嘘の情報は金融機関にすぐにバレます。それどころか、審査にも通らなくなる可能性が高くなります。
なので、審査の申し込みには正確な情報を記入するようにしましょう。

・借入額は低めに設定
通常の借り入れ同様、即日融資を申し込む際にも、借入額は低い方がよいです。
というのも、借入額が大きくなるに従って、審査も厳しくなっていくからです。高額の融資を受ける際にはそれ相応の審査が必要になるということですね。
なので、借入額は最低限に抑えて申し込むのが良い選択です。

・在籍確認の電話の不安
カードローンを申し込むと、在籍確認という、会社にその人がちゃんと在籍しているかを確認する電話が来ます。
この時皆さんが感じるのは、「会社の人にカードローンを申し込んだことがバレないか」という不安だと思います。
しかし、在籍確認をするとき、カードローン会社の人が会社名を名乗って電話をすることはありません。
なので、在籍確認の電話が来たとしても、カードローンに申し込んだことがバレることはありませんのでご安心ください。

・審査に落ちた時の信用情報について
カードローンの審査に落ちると、あなたの信用情報に、審査に落ちたという情報が半年間保存されることになります。
これは他のカードローンを申し込む時の障害となりますので、審査にはできるだけ通るようにしておきたいです。


在籍確認の電話が嫌だというアナタへ

・在籍確認は基本的に必要
在籍確認は金融機関からお金を借りるときには、必ず通らなければいけないものです。
とはいえ、会社に個人名を名指しで指定されるのはちょっと恥ずかしい、できれば無い方がいいと考える人は少なくないのではないでしょうか。
そんな時はご利用の金融機関に直接問い合わせ、書類で在籍確認を済ませられるかどうかを聞いておくとよいでしょう。
金融機関によっては、書類で在籍確認を済ませられるというところも少なくありません。ですので、まずは金融機関に問い合わせてみましょう。

・土日の在籍確認は書類で!
基本的な在籍確認は電話によるものです。ですが、土日は会社が休みで、在籍確認をとることができないという場合は少なくないでしょう。
であれば、借入先の金融会社に書類で済ませられるかどうかの確認をする必要があります。
例えば、プロミスのような金融機関であれば、問い合わせれば在籍確認を書類で済ませることができるという会社も少なくありません。

・在籍確認について相談する場合
カードローンの申込後に、申込確認の電話がかかってきます。これはどこの金融機関でも行われることです。 その際に、「土日なので会社が休みで在籍確認がとれない」といったようにオペレーターにその旨を伝えます。
そうすることで、金融機関の方で在籍確認を書類で済ませられるかどうかの最大限の配慮を行ってくれます。


金利について考えることは返済額がわかるということ

・金利シミュレーション
実際にお金を借りるにあたって、事前にシミュレーションをしておきたいという人は多いのではないでしょうか。
カードローンの利息の計算方法は、

借入金額×金利÷365×借入日数=利息

となります。例えば、借入金額が20万円で金利が18%、借り入れ日数が60日だとしたら、計算式は、

200000×0.18÷365×60=

となり、利息額は5918円となります。
実際の借入額と金利を計算して、返済計画を立ててからカードローンを利用するとよいでしょう。

・銀行や信販会社との比較
消費者金融では金利の上限が18%前後となっており、銀行系の金利の上限は14%前後となっています。
信販系のカードローンの金利は会社によってそれぞれ異なりますが、最大で18%のところが多く、15,6%と銀行に準じるくらいの金利にしている会社も少なくありません。
また、銀行では金利が低い代わりに審査が厳しく、融資日数に時間がかかる傾向があり、そして信販系にも同様の傾向があります。
ですので、今すぐに借りたい、即日融資がしたいという人には消費者金融がおすすめです。

・初めての場合、最大金利の上限が適応
初めてカードローンを組む場合、少額の融資しか受けられないと考えたほうがよいでしょう。またその際、金利上限でお金を借りることになります。
どうしてかというと、まだあなたに対して金融業者からの信用が作られていないからです。
カードローンは基本的に、お金を借りて、返済して、ということを何度も繰り返すことで、金融業者からの信用が作られていきます。
ですので、初めてというのはそういった信用がまだ作られていないことを意味しますので、金利は最大の上限で、比較的小さい融資から、ということになるのです。

・2017年の最新のカードローン金利
銀行や消費者金融などのカードローンは、住宅ローンのように変動金利ではなく固定金利ですので、途中で金利が高くなるというようなことはありません。安心して返済を行うことができます。


「土日でも即日融資を受けたい」その希望、叶えます。

・土日の即日融資なら消費者金融で!
基本的に土日は銀行などの金融機関が休みのところが多いので、土日に即日融資を受けることは難しいです。
ですが、銀行と違って、消費者金融では土日も営業しているところが多いので、仕事が休みの時にカードローンを利用することができます。
例えば、プロミスのような消費者金融であれば、土日でもインターネットを使って申込や審査を済ませ、その後、自動契約機や店頭でカード発行、ATMで借り入れが可能になります。

・平日の終業後にも即日融資が可能!
例えば、「夕方に急な飲み会が入ってしまって、平日だけどすぐに借りたい」というような場合でも、やはり消費者金融のカードローンを利用するのがおすすめです。
消費者金融では、自動契約機を使うことで平日の夕方でも申し込みや審査が行えます。
例えば、プロミスの自動契約機を使って9~20時までの間に申し込めば、仕事終わりでも借り入れが可能になります。

土日でもインターネットから振込融資の依頼ができる!
一部の消費者金融では、口座を開設さえしておけば、土日でもインターネットから即日で振込融資をおこなうことができます。 例えばプロミスでは、三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の銀行口座があれば、土日などの金融機関の休業日であっても、振込融資の依頼をした後にあなたの口座にお金が振り込まれます。
ただし、この方法を利用するには当然、事前に銀行口座を作っておく必要がありますので、口座を新たに開設しなければいけないという人にはおすすめできません。


店頭まで行くなんてめんどくさいですよね

 インターネットや自動契約機を利用すると、平日・土日関係なく最短1時間で来店せずに契約を終結させることが可能になります。

・インターネットの場合
Webサイトにとんで、ホームページで各項目を記入したあとは審査に入ります。審査に通過したらオペレーターから電話が来るので、それに対応してローンカードを自動契約機、もしくは店頭で発行します。
例えば、プロミスであれば、口座振込を依頼すればローンカードの発行なしにお金を借りることが可能になります。カードレスでの銀行振込キャッシングを利用することで、郵送物なしのWEB完結が可能となっています。ちなみに、契約後にカードを発行することも可能です。

・自動契約機の場合
無人契約機でキャッシングをする際は、タッチパネルで操作を行います。タッチパネルを画面に表示されている手順通りに操作し、指示に従って本人確認証明書を自動契約機にセットします。
そのあと、契約書類が発行されるので、その内容に問題がなければ詳細を記入して、自動契約機にセットします。
最後に、ローンカードが発行されましたら、それを併設している金融機関のATMで利用できます。
また、事前に金融機関のホームページで申し込みを済ませておくと、自動契約機での操作時間が短縮できます。

このように、インターネットや自動契約機を利用すると、店頭での待ち時間や郵送でのやり取りの煩わしさを解消できるので、おすすめの方法です。


お金がないとお金を借りられないという矛盾

金融機関からお金を借りる大前提として、基本的に収入のない方は融資を受けることができません。
それでは、その前提を踏まえて、個々の詳細を見ていきましょう。

・未成年の場合
基本的に未成年者は、金融機関でお金を借りることができません。
ただ、未成年は保護者の同意があれば借り入れできる場合や、保証人を立てれば融資を受けられる場合もあるので、ご利用の金融機関に問い合わせてみましょう。
また、結婚して働いていれば法律上「成人」とみなされるので、借り入れが可能になります。

・専業主婦の場合
銀行で借り入れする場合は、パートナーの収入証明書が確認できれば可能になる場合もあります。
ただし、消費者金融では「契約者本人に収入がある場合にのみ限り」と記載があるため、消費者金融で借り入れすることはできません。
また、パートやアルバイトをしていれば、安定収入とみなされるため、収入のない”専業主婦”ではなくなり、金融機関での借り入れが可能になります。


即日融資可能!
プロミス
プロミス
初回利用の場合30日間利息0円!
迅速な最短30分の審査!
アイフル
アイフル
1秒診断ができるのはアイフルだけ!

おまとめローンに関する記事一覧

Copyright (C)2017 即日融資なら必見!最短1時間でお金を借りる方法を徹底解説! All Rights Reserved.