最短1時間で即日融資する方法 最短1時間で即日融資する方法

フリーランスの人への即日の融資

即日融資のできる金融機関、消費者金融も数多くありますが、フリーランスの人でも融資を受けることはできるのでしょうか。これは、フリーランスの定義にもよります。

この言葉は非常に広い範囲にわたって使われる言葉で、問題なく申込める人もいれば申込めない人もいるからです。

基本的にフリーランスといえばどういう人をイメージするでしょうか。会社や組織に属さず、個人で仕事をしている人、しかも、個人商店のようなお店を経営しているわけではなく、もっと自由業に近い仕事をしている人というのがだいたい共通したイメージでしょう。例えば文筆業をしているなどが古典的なイメージです。

こういう人が消費者金融などで融資を受けられるかというのは、その人が安定した収入を得ているかどうかに大きく左右されます。即日できるかどうかというのは直接的にはあまり大きく関係しません。

即日であろうが、あるいはある程度時間がかかろうが、審査をパスするには安定した収入の有無が大きな要素なのです。だいたい毎月決まった収入があることが必要ですが、それと並んで問題になるのは一体どれくらいの収入があるのかということです。

会社員や公務員の場合、勤務先や役職、年齢、勤続年数などが分かれば、だいたいの年収というのは想像がつきます。もちろん正確なところは収入証明書などがないと分かりませんが、ある程度のもので良ければ十分に推定できます。

審査をする消費者金融の担当者はその道のプロですから、上に書いたような項目を基にすれば、推定と2倍も異なるとか半分で見積もるなどというようなことはほぼありえません。

ところがこれがフリーランスの場合には話が違ってきます。屋号はあるかもしれませんが、その屋号と年齢、その仕事を何年くらいしているかでその人の収入が見積もれればたいしたものです。

というより、そのようなことは事実上不可能です。ですから、ほぼ間違いなく収入を証明する書類の提出を求められることでしょう。

即日融資の説明はこちら

Copyright (C)2017 即日融資なら必見!最短1時間でお金を借りる方法を徹底解説! All Rights Reserved.