最短1時間で即日融資する方法 最短1時間で即日融資する方法

総量規制と即日融資について

最近では多くの金融機関が即日融資を宣伝しています。お金に困っているというときはだいたいが急ぎの用件でしょうから、即日融資というのはありがたいものです。

消費者金融などノンバンクの多くはこの即日融資に対応しています。一方で、お金を借りるにあたっては総量規制というルールに気をつける必要があります。

この総量規制というのは、ある人が銀行や消費者金融などから借りることのできるお金の総額を、その人の年収の三分の一までに規制するというルールです。

このルールで理解しておかないといけないのは、一つの金融機関だけからの借り入れではなくその人が借りている全ての金融機関の合計が対象になることです。

これらの情報は共有されており、把握できるようになっているのです。ただし、例えば住宅ローンであるとかクルマのローンなどは対象外です。いわゆるカードローン、フリーローンだけが対象です。

もう一つ、その人の年収は一体どうやって把握、確認するのかということです。これは借り入れ金額とは異なり、情報共有の対象ではありませんから、お金を貸すほうとしては正確に把握できるものではありません。

しかし、勤務先の会社名や年齢、勤続年数、役職などは申込書に記載すべき情報となっており、これらを元にある程度は推測がついてしまいます。

仮に年収500万円の人が1000万円と虚偽の申請をしたとすれば、審査するプロの目にはほぼ確実に違和感を与えることでしょう。

一方で、500万円の人が550万円と記載してもそれは分からないかもしれませんが、この程度であれば差は50万円、その三分の一は17万円程度に過ぎず、実際に借りることのできるお金にさほど大きな影響を与えるものでもありません。

しかも、この総量規制のルールができてからというもの、ある程度以上の融資を申込む場合には、単に申込書に記載させるだけではなく年収を証明する書類の提出を求められることもあります。

即日融資の説明はこちら

Copyright (C)2017 即日融資なら必見!最短1時間でお金を借りる方法を徹底解説! All Rights Reserved.