最短1時間で即日融資する方法 最短1時間で即日融資する方法

即日融資と収入証明書について

今では即日の融資を受けられる消費者金融などの金融機関も多いですが、収入証明書の要否はどうなっているのでしょうか。

これはその金融機関によってルールが異なりますが、ある程度以下の金額の申込みであれば、即日融資の審査にあたって収入証明書は不要としているところも多いです。

一般的な会社員にとっては、収入証明書とは源泉徴収票がまず該当するものでしょう。

しかし、源泉徴収票をきちんと保管しているという人がどれくらいいるでしょうか。給料明細であっても特に保管していない人も多いでしょうし、それ以上に書かれている金額に一体どんな意味があるのかもよく分からないような源泉徴収票を保管している人は少数派でしょう。

これはまさに源泉徴収という仕組みそのものに原因があるとも言えます。つまり、給料から各種税金や年金、健康保険などの社会保険料が全てあなた任せで天引きされるために、そもそも自分の給料であればどれくらいの税金を納める必要があるのか、どれくらいの社会保険料を納める必要があるのかという意識が生まれにくいのです。

そういう意識が生まれにくい以上、源泉徴収票を見ても全く興味が湧かない、何のことか分からないし、調べようともしない人が増えても何の不思議もありません。

少し話がそれましたが、このように、実際に保管していない人が多い以上、そのような書類の提出を求めることは余分の負担を顧客に求めることになります。

そのため、特に高額の融資でも無い限りは、収入証明書の提出を不要としているケースが多いのです。具体的な線引きは金融機関によっても異なりますが、だいたい50万円から100万円程度のラインであることが多いようです。

総量規制によって年収の三分の一を越える融資はできなくなってしまいましたが、普通に仕事をしている人であればこのラインの3倍程度の収入がないということはちょっと考えにくいレベルということもでき、明らかに問題はないので不要とするというスタンスかもしれません。

即日融資の説明はこちら

Copyright (C)2017 即日融資なら必見!最短1時間でお金を借りる方法を徹底解説! All Rights Reserved.