最短1時間で即日融資する方法 最短1時間で即日融資する方法

即日融資してもらった分の毎月の支払いが延滞した場合はどうなる?

月末になると様々な支払いが山のように降りかかり憂鬱な状態が続いてしまうものです。仕事がらみの同僚や取引先との飲み会が立て続けに舞い込むケースも多く、接待などでかなりの金額の支出を迫られることも少なくありません。

またこう言った仕事がきつい時に限って自分のリラックスのためにレジャーやグルメ、旅行、趣味、ファッションへの出費も相次ぎ、家計が火の車に陥ってしまうこともあるでしょう。

このようなお金のピンチに見舞われた時には消費者金融を活用して融資を受けると良いでしょう。

業者によっては様々な融資方法の提供がありますが、その中でも今日中や明日にでもお金が必要な際には即日融資の可能なカードローンやキャッシングが最適です。

カードローンならば即日中にカード発行を受けた上でそれを近くのATMに持参すれば簡単な画面操作によって融資金を引き出すことができます。

それにキャッシングならば忙しくて店舗や自動契約機やATMまで足を伸ばせなくてもネットや電話で簡単な手続きを行うだけで銀行口座への一括振り込みを行ってもらうことができます。

このように大変便利な融資サービスではありますが、一つ気をつけなければならないのはこれらを借りたからには返済の義務が生じるということです。それも借りた日数分の金利も上乗せして、毎月の返済日までに規定の金額をしっかりと収める必要があるのです。

それではもしもこの期日に遅れたらどうなるのでしょうか。基本的には延滞扱いとなり、延滞した分だけの遅延損害金が発生することになります。

つまり返済額と利息に加えてこの遅延損害金までもが上乗せされることになるのです。延滞すればするだけこの額は大きくなりますので、できるだけ早く規定の金額を返済することが大切です。

ただし、あらかじめ延滞することが予測される場合には、できるだけ早い段階で相談窓口にその旨を伝えておくと、返済を待ってもらえることもあります。

この場合、先方の配慮で遅延損害金が発生しないこともあるので、そう言ったメリットを享受する上でもきちんと前もって報告すること、そして基本的には支払いは延滞しないという心構えを持つことが大切です。

即日融資の説明はこちら

Copyright (C)2017 即日融資なら必見!最短1時間でお金を借りる方法を徹底解説! All Rights Reserved.