最短1時間で即日融資する方法 最短1時間で即日融資する方法

即日融資申込みでの虚偽申告

即日融資を受けたい場合、当然ながら非常に急いでいるでしょう。どうしてもその日のうちにまとまったお金が必要で、焦ってもいるはずです。

こういう場合、とりわけ注意が必要なのが申込みにあたっての虚偽申告です。別に即日融資の申込み時だけでなくどんな場合であってもやってはいけないことなのですが、気の焦りからどうしても確実に融資を受けようとして虚偽申告に走る人もいたりするからです。

また、即日ということで、そこまで深く突っ込んで審査されることもないだろう、多少のことなら分からないだろうと思ってしまうということもあるかもしれません。

このようなケースで多いのが、自分の年収や他社からの借り入れ件数、借り入れ金額を誤魔化してしまうことです。

複数の選択肢の中からどれか一つを選ぶようなところでは後ろめたさもありますし、意図的に間違った選択肢にチェックを入れるような人はあまりいないでしょうが、数字を記入するようなところはどうしてもこの可能性があります。

忠告しておきますが、このような虚偽申告をしても何一つ良いことはありません。まず、意図的な虚偽申告が明らかになった場合、そのローン会社だけでなく、その他のローン会社からも今後一切の融資を受けられなくなる可能性があります。

また、公平に物を考えると、ローン会社は申込者の属性を元にして、どれくらいのお金ならばきちんと返せそうかというのを審査してくれているのです。

つまり、率直に言えばその結果は申込者自身のためのものです。意図的に虚偽の申告をしてお金を借りられたと仮にしても、自分の本来の属性まで書き換えられるはずはありません。

つまり、結局のところ身の丈以上のお金を借りてしまい、返済できなくなってしまって困るのは自分自身だということです。カードローン会社など所詮は会社です。

一人の人間が返済に行き詰ろうが、会社にとっては所詮わずかなお金で解決できる問題でしかありません。申込者自身はそうはいかないのです。

即日融資の説明はこちら

Copyright (C)2017 即日融資なら必見!最短1時間でお金を借りる方法を徹底解説! All Rights Reserved.