最短1時間で即日融資する方法 最短1時間で即日融資する方法

住宅ローン減税と即日融資できるカードローン

近頃は、日本銀行がマイナス金利を打ち出したことから、住宅ローンの金利が安くなっていることや、消費税率の増加に伴い住宅ローン減税が拡充されていることからマイホーム購入に踏み切る方が、多くなってきています。

とはいっても、やはり身の丈にあった物件を選ばないと、毎月の遣り繰りに住宅ローンの返済が加わると、給料日前にお金を借り入れる必要が出てくる月も出てきます。

また、遣り繰りをギリギリまで頑張りすぎてしまい、公共料金の支払い期日を迎えてしまうということもあります。そんなときには、即日融資に対応できるカードローンのサービスが役に立ちます。

近頃は、初めて、その金融機関を利用するときには、一定の無利子期間が設けられるキャンペーンを行っている場合は、給料日に一括返済をすれば、利息なしでお金を借り入れることも可能になります。

すでに住宅ローンでお金を借り入れているのにカードローンでお金を借り入れようとすれば、審査が通らないのではないかと心配になりますが、住宅ローンはマイホームを担保に設定してお金を借り入れている債務なので、消費者金融などで設定されている総量規制の対象にはなりません。

しかし、住宅ローンでお金を借り入れていることによって、返済能力が低いと見なされる可能性は充分にある上に、一か八かの状態でカードローンの申し込みをして審査に落ちてしまうと、信用情報に自分の信用を落とす記録が残ることになるので、前もってカードローンの利用を検討している金融機関に審査に通らない可能性があるかどうかを問い合わせて確認しておく必要があります。

また、審査に通る見通しが立った場合は、借入れたお金の融資が、翌営業日以降に持ち越されることがないように、早めにカードローンの申し込みの手続きをする必要があります。

審査に通らない可能性がある場合は、住宅ローンを利用している金融機関の方に問い合わせをして、返済計画の見直しについて相談をする必要があります。

即日融資の説明はこちら

Copyright (C)2017 即日融資なら必見!最短1時間でお金を借りる方法を徹底解説! All Rights Reserved.